<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昔を知る!

大雪の被害は甚大です。本日の国会中継でも各議員からの一番の要望は手厚い対応をと訴えていました。
我々、自然相手の職業は万全に備えているつもりでも、想定外の自然災害には手も足を出ない時があります。近年の気候変動には、想定外が多くなった気がします。 国・県・市町村の手厚い対応をせつに願う一人です。

一昨日村の集まり(田部地域構造改善組合)の勉強会の資料を作成してました。
当地域の堰の歴史についてです。
当地域は、沢が短く地盤は礫が多く夏の晴天が続くと渇水になります。堰の水も底を尽きます。
当地域では堰がとても大事でした。
おおよそ95年前に現在の水田基盤整備が行われて以来変わってません。
当地域ではこれからの農業を存続するために新たに基盤整備を行おうと準備中です。
先人の苦労を知って将来につなげるための飲み会(勉強会)をしました。
以前からお願いしていた堰を熟知している大先輩に話をして欲しいと依頼してましたが、体調がすぐれず
無理になってしまいました。
諦めていたら、大先輩は、自分が10代の頃から見聞きしてきた事や経験して来た事をメモ書きで
いただきました。それをまとめました。
a0256619_2159826.jpg
a0256619_2215390.jpg

a0256619_21595887.jpg

a0256619_2201423.jpg

a0256619_2203078.jpg

a0256619_2204466.jpg

メモを読みながら、昔の人の不可能を可能にする精神力の強さ、諦めない気持ち、気持ちの持ち方
ひとつで何事も可能に出来ることを学びました。次の世代に伝えた
[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-24 21:48

太平洋側に強い低気圧襲来

14日からの太平洋側大雪による被害があいつぎました。
山梨県甲府市では110cmの降雪量とか昭和15に次ぐ大雪のようです。

私の住む南会津町では15日大雪警報が発令になりました。
国道は通行止めが相次ぎ陸の孤島になってたようです。
昨日は9棟のハウスを守るため夕方遅くまで除雪にあけくれました。
夜中降った雪はサラサラ雪でグリップが全く効かず、日中降った雪は重い
固まる雪で抵抗が大きく除雪機が前に走ってくれません。
普段であればハウスの間1列20分くらいで除雪するのに、昨日の除雪は1時間以上掛かりました。
到底1日で全棟除雪終わらないと思い息子に手伝ってもらい2台で除雪開始!
江美と次子さんには除雪しても落ちない雪を、手で落としてもらいました。
何とか夕方遅くまで掛かって9棟の除雪終わりました。ハウスもどうにか無事で済みました。

ハウスは守ったのですが、自分の携帯が雪に埋もれてしまい紛失しました。
ショックは大きい(涙
[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-16 22:03

苗床改善

今まで発芽させるために、プールにして底面給水で水補給し
てましたが、発芽初期に加湿の影響か徒長するのでミスト灌水に切り替えるべく、取り付け工事をしました。
a0256619_6232950.jpg

灌水タイマーは、手代木に教えてもらったので準備okだけど、未だポンプを準備してないので検討中!
[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-12 06:17

トルコキキョウは種始まりました。

苗作り稼働!5ヶ月間苗ハウスには通います。まずは土入れ、種まきです。
a0256619_659074.jpg

[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-11 06:39

世田谷花き研究会総会、合同新年会

朝9時出発で、ホテルニューグランド横浜に到着が2時近かったのです。首都高速が渋滞で、余計に掛かってしまいました。速く着いたら中華街で食事を済ませ、山下公園辺りをぶらぶらしたいな…と思っただけでした。
a0256619_18405991.jpg

3時間半から世田谷花き研究会の総会
上條会長の挨拶で始まり、滞りなくえわりました。
a0256619_18404422.jpg

続いて、講師・横浜市環境創造局:小山義訓氏による「みどりの美しい街横浜を目指して」の話を聞きました。
a0256619_18403432.jpg

合同新年会が始まりました。総勢300人超え、今までさいこうの参加者とのこと。花屋さん、生産者の意気込みを感じています。
[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-07 16:36

ぷ組み主催 土の強化合宿!

昨日2月4~5日の2日間土の強化合宿に参加しました。
今年で7回目を数える土の強化合宿も年々参加者が増え、今年は約40人でした。
4日午後1時30分~初心者のための基礎講座を2時間その後、前もって池上さんに分析してもらった分析結果を元に夕食1時間を除いて夜10時まで説明を聞きました。
そして10時から懇親会!朝の4時近くまで話し込んだ人が数人いたようです。
a0256619_14161654.jpg
a0256619_1415577.jpg

毎回思うことですが、見た目はたいした変わり無い土でも分析結果には相当の違いがあります。
お茶畑から果樹・野菜・花・自然薯と作物によっての違いは凄いものです。それらの改善を、的確に
判断する池上さんはさすがです。
それもそのはず、大学時代から土壌分析を研究し、卒業してから30歳になり家業の菊作りをしながら
土壌分析も手がけているので実践からくる分析理論は間違い無し!です。
次の日2日目は実践発表
a0256619_14453483.jpg

池上さん曰く、農家は多量の肥料、堆肥を入れればよく出来ると思って、言われるまま入れて来た。
たとえば、土には十分肥料分が残っているから、無肥料で作って下さいと言っても、中々受け入れてくれる
農家は少ない。その繰り返しが結果的に土を駄目にして、作物の出来は悪くなると言った傾向は多いと言ってます。自分もそうでしたが、池上さんと出会い土を分析してもらい「湯田さん、堆肥は入れるな、燐酸・カリ十分残ってるので肥料は尿素だけ言いと言われた時に、えっ、尿素だけ・・・・堆肥もいらない・・・・」その通り
に施肥して、開花までは、内心ビクビクでした。あれから6年目、今年もやはり尿素のみの施肥です。
農業者の気持ちを代弁すると、とにかく作物を作る前には”肥料を入れないと不安!!”
土壌分析でリン酸・カリは適量有れば施肥しなくても良い、特にカリ過剰は、拮抗作用で石灰を吸収阻害するので気を付けないと、トルコキキョウではチップバーン、トマトでは尻腐れ病を誘発するので気を付けること!!

池上さんが考える”農業と環境”
a0256619_14455266.jpg

地下に浸透する肥料の融け水は環境を悪化させる。必要最低の肥料で出来るだけ地下汚染を防ぐことが
これからの環境保全に大事なことだと強く思いました。

今年は栽培シーズン中、そのつど土を分析してもらい、追跡調査をやるぞ!と心に決め帰ってきました。
[PR]
by yuda-hirohito | 2014-02-06 14:22


土っ子田島farm花担当の湯田浩仁です。


by yuda-hirohito

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

土っ子田島farm
湯田家の食品加工

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

田部環境保全会の作業!
at 2015-06-09 07:15
順調に育ってます。
at 2015-06-06 08:11
地区の子供達と田植をしました。
at 2015-05-31 11:40
生育良好!
at 2015-05-22 10:15
アジサイ
at 2015-05-01 05:22

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧